寝ようとする→兄の焼死体がこっちを見ている→起きる : ジタ速~自宅警備速報~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝ようとする→兄の焼死体がこっちを見ている→起きる

3187006108b647e99274a4410e0e35d9_0.jpg


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:10:36 ID:0+F9qqc+0

ひーちゃんは中学生の頃に三人殺した
父、母、兄の三人だ
自殺しようと思って、自宅に火をつけた
はた迷惑な野郎だ

そしたらひーちゃんだけが助かってしまった
やっちまった、とひーちゃんは思った
いい人達だったのに燃やしちまった




4: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/02/20 19:12:18 ID:/v9F0tRR0

>>2
なんだこれwww


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:12:26 ID:0+F9qqc+0

家が無くなり、家族が全員死んで、
親戚の家で暮らすことになったひーちゃんは、
「いざとなったらもう一回自殺すればいいや」と思い、
そしたらけっこう生きるのが楽になった

火をつけたのがひーちゃんだとは誰も思わなかった


youtube関連記事です
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:11:33 ID:jSBFc3Sf0

あー怖い


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:13:29 ID:91pEofXt0

やめろ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:14:18 ID:0+F9qqc+0

高校は遠い、勉強は難しい、親戚は優しい、
多忙な生活の中で、ひーちゃんはふつうの人間になっていった

「なんで自殺なんかしたんだろう?」と思うようになった
中学の頃の俺は、頭がおかしかったんだ


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:16:31 ID:0+F9qqc+0

ひとごろしのひーちゃんは、
奨学金を使って大学へ進学し、一人暮らしを始めた

全ては順調に行っているように見えたが、
春の終わりごろから、寝不足に悩まされるようになった

兄が寝させまいとしてくるのだ

確かに悪いのはひーちゃんの方なので、
そういうことをされても仕方ないとひーちゃんは思った


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:18:13 ID:0+F9qqc+0

眠りにつくその瞬間、ふっと目が覚めて、
窓なんかに目をやると、兄がこっちを覗いている
死んだときの姿そのままで

あまり気持ちの良いものではない
率直に言ってびっくりする
正直さいしょは悲鳴をあげた

直接的な何かをしてくるわけではないが、
ひーちゃんは着実に弱っていった


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:21:06 ID:0+F9qqc+0

授業中に居眠りをするようになって、
ひーちゃんはある法則を発見した

人前で寝る分には、兄は現れない

教室や食堂など、人の集うところだと、
ひーちゃんは安心して寝られるようになった
一人でもひーちゃんの存在を意識している人がいれば、
ひーちゃんはよく寝ることができた


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:24:16 ID:simDbUUJO

>>中学の頃の俺は、頭がおかしかったんだ

>>中学の頃の俺は、頭がおかしかったんだ


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:24:24 ID:0+F9qqc+0

じゃあ友達に手伝ってもらえば寝られるじゃん!
しかしひーちゃんには友達がいなかった

罪の意識からくる自分への戒めなのか、
単純に人付き合いが苦手なのか分からないが、
とにかくひーちゃんには友達がいなかった

眠くなると、近所のマックやドトールに行って迷惑がられた
それでも睡眠時間はろくにとれなかった


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:27:50 ID:5pHrw3Ib0

なにこれ怖い


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:27:53 ID:0+F9qqc+0

たぶんひーちゃんは寿命が残り少なかった
ひーちゃんもそれを自覚していた

兄は本気でひーちゃんを連れていくつもりだった
ひーちゃんも仕方のないことだとは思った

むしろ、父と母が同じように現れないのが不思議だった
親と言うのは心が広いんだなあ


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:28:15 ID:Jzp7dw/Y0

嫌いじゃない


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:28:19 ID:JAy8MWqP0

そうだ!天国へ行こう


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:31:25 ID:CbcZEBe00

兄が両親を引き止めていたオチ禁止


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:31:45 ID:0+F9qqc+0

一生懸命生きてきて、自分の人生に愛着も湧いていたが
一方で、そんなに生き残りたいとも思わなかった

ただし、積極的に死のうという気もなかった
そのうち目が悪くなり、耳も遠くなってきた
起きてるんだか寝てるんだかも曖昧になってきた


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:32:52 ID:0+F9qqc+0

>>18
むしろそっちのがいいんじゃないかってレベル


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:33:31 ID:vAjdW1k80

そして邪眼を移植した


忌み子の飛影~完~


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:34:21 ID:vAjdW1k80

>>20
いいから早くしろよカス


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:35:22 ID:0+F9qqc+0

その日もひーちゃんはイオンのフードコートで寝ていた
携帯がガタガタいう音で目が覚めた
そういえば携帯って振動するんだっけ

ひーちゃんが携帯をぱかっと開けると、
なんと着信が五件もきていた
これはひーちゃん的には一年分に相当する


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:35:40 ID:A7gQNSsc0

おもしろいじゃないか。ハッ!


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:39:00 ID:aGuk69gt0

は・や・く


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:39:08 ID:0+F9qqc+0

選択科目の授業でペアを組んでいる相手だった
授業のことで何かあったのだろうか
あわててひーちゃんはリダイヤルした
咳払いをして声を整えた

死期が近づいていると分かっていても
相変わらずどうでもいいことが気になる
単位なんてとっても仕方ないのだが


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:41:46 ID:0+F9qqc+0

「寝てた」とひーちゃんは言った

「だろうと思った」と相手の子は言った

しょっちゅう隣の席で寝ているから
ひーちゃんがよく寝る人だということは知っていたようだ

ひーちゃんは聞いた、「で、何の用事?」

「ほら、あれ、水曜一限の課題」

「なんかあったっけ?」

「今日の六時までのやつ」

「それ、大事なやつ?」

「はあ?」お怒りの様子だ


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:44:05 ID:0+F9qqc+0

「それって、成績に響く?」ひーちゃんは聞いた

「これやんないと単位もらえない、超大事」

「分かった。大学行けばいい?」

「いや、君んちの傍にいる」

「え? 知ってんの?」

「前授業で言ってたじゃん」

「あー。でも俺、今イオンにいる」

「はあ?」

授業の時も、しょっちゅう「はあ?」と言うので、
ひーちゃんはこの子のことを、頭の中で「はーちゃん」と呼んでいた


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:47:06 ID:0+F9qqc+0

「早くこっちきてよ」

「三十分くらいかかる」

「はあ? さっさと来てよ」

ひーちゃんは原付を飛ばして帰った
人と話すのは久しぶりだった
自分ってこういう話し方だっけ? と思った

アパートにつく
ドアの前に、はーちゃんが座っていた

明るい髪色で、目がパンダのはーちゃん
ひーちゃんが一番苦手なタイプだった


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:49:21 ID:jgKbHQ84O

気になる


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:50:50 ID:0+F9qqc+0

「ここ、パソコンある?」とはーちゃんが聞いた

「ある。ネットには繋がってないけど」

「じゃあ、ここで作業するよ。もう時間ないし。いいでしょ?」

「いいですよ」

はーちゃんはひーちゃんの部屋に入って
ひととおり物の無さと生活の質素さに驚いて
四回「はあ?」って言ったあと、課題をはじめた

ひとごろしひーちゃんにとって、ここは生活空間ではないのだ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:55:38 ID:0+F9qqc+0

まずいことに、その課題の趣旨は
「相手がこれまでどのように育ってきたか」を
インタビューしてレポートにまとめるというものだった

まずひーちゃんがはーちゃんにインタビューした
三歳からピアノを始めた、小学校から塾に通った
中学は体操部に入った、高校は女子校
はーちゃん、意外とお嬢様だった


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:56:50 ID:5pHrw3Ib0

これは・・・


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 19:57:13 ID:Jgnnpn4+P

ひーちゃんサウナとかスパ銭だと仮眠室あるから
人前で寝れるし迷惑がられないよ
ホモに誘われるかもしんないけど断ればいいよひーちゃん


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:00:38 ID:0+F9qqc+0

ひーちゃんは聞いた
「どうしてお嬢様が、そんなんになっちゃったんだ?」
はーちゃんは少し間をおいて答えた
「良い本や良い音楽と巡り合ったから」

はーちゃんの口からそんな言葉を聞くとは思わず
ひーちゃんはなんか久々につぼに入って笑った
実に久しぶりだった

ひーちゃん的には爆笑だったのだが
はーちゃんには薄ら笑いを浮かべてるようにしか見えなかった
はーちゃんはちょっと不機嫌になった


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:01:50 ID:0+F9qqc+0

ところがその本や音楽について聞いてみると、
ひーちゃんの趣味と結構似ていた

ひーちゃんがそれらのCDや本を持っていると言うと、
はーちゃんは「知ってるよ。そこにあるやつでしょ」と言った
「はあ?」って言ってもらえなくてひーちゃんがっかりした


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:04:46 ID:0+F9qqc+0

はーちゃんの好きなグールドのCDを流しつつ、
ひーちゃんの人生についての説明が始まった

壮絶過ぎてはーちゃんコメントに困った
もちろん自殺については隠したが

はーちゃんは話題を逸らすことにした

「さっき、電話で『寝てた』って言ったよね?」

「うん。寝てた」

「イオンで寝てたわけ?」

「そういうこと」

はーちゃんますます混乱した


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:05:02 ID:hRSELEg2O

>>36
ひーちゃんがっかりした

なんで可愛く言ったの?www


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:05:53 ID:rczFjYKG0

続きが気になるわ


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:06:41 ID:5pHrw3Ib0

続きが気になる


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:07:27 ID:0+F9qqc+0

はーちゃんは聞いた、
「君、一日何時間寝てるの?」

「量だけなら、六時間くらい」

「昼夜逆転型なの?」

「特殊な不眠症なんだ」

はーちゃんはひーちゃんの顔を見た
明らかに睡眠不足の顔だった

でこぴんすると二秒遅れて「痛い」と言った
反応速度とかも相当にぶっている
これは重傷だ、とはーちゃんは判断した


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:09:06 ID:mRsRZQcTO



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:10:27 ID:0+F9qqc+0

互いのインタビューが終わり、二人はレポートを書きはじめた
ひーちゃんが一足先に書き終えた

ひーちゃんは眠気で頭がどうかしているので、
はーちゃんに馴れ馴れしく話しかけた
「早く書けよ、はーちゃん」

「うるさいなー、急いでるよ」

「そっちが終わらないと俺も終わらないんだから」

「てか、はーちゃんって誰だよ」

ひーちゃんはあだ名について説明した
以後、はーちゃんはあんまり「はあ?」って言わなくなった


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:11:35 ID:slD7UxQr0

グールドってグレングールドのことか?
俺も好きだわ


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:11:47 ID:Jgnnpn4+P

親殺したくせにリア充かよ!!


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:11:59 ID:0+F9qqc+0

>>44
そうそう
よく御存じで


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:12:42 ID:0+F9qqc+0

「あとどれくらいかかる?」とひーちゃんは聞いた

「二十分くらい……」

「寝よ。終わったら容赦なく起こして」

はーちゃんはキーボードを叩く手を止めた
「なんでいっつもそんなに眠いの?」

「人がいるとこでしか寝れないんだよ」

「はあ?」

「信じなくてもいい」、ひーちゃんは笑った


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:12:47 ID:/k9B3OeN0

なんなのこれ
糖質の日記?


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:14:28 ID:5pHrw3Ib0

実話?


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:16:05 ID:0+F9qqc+0

ひーちゃんは熟睡した
はーちゃんはレポートを仕上げたあと、
喉が渇いたので、外の自販機まで行った
赤い夕焼けで、皆が空を見上げていた

冷たいコーヒーを二つ買って戻ると、
さっきまでいた部屋から、ガラスが割れる音がした


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:18:24 ID:0+F9qqc+0

「なに、今の?」戻ってきたはーちゃんは聞いた

「ゴキブリがいたから殺そうとしたんだよ」

ひーちゃんは笑って言った
携帯を投げて窓を割ったらしい

「顔、真っ青だよ?」

「ゴキブリ、苦手なんだ」ひーちゃんは答えた


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:19:26 ID:p1C6wBl60

精神病院いってこい


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:20:04 ID:0+F9qqc+0

ガラスを集めながら、はーちゃんは理解した

この人、本当に、人がいるとこでしか寝れないんだ
ていうか、寝れない以上の何かがあるんだろうな
マジあたまおかしーんじゃねーの

「……寝れないなら、友達とか、呼べばいいじゃん」

「見りゃ分かるだろ、友達いないんだよ」

そんで家族は一人もいない、か
はーちゃんはひーちゃんの頭を撫でてあげたかった
でも不気味がられるだろうからやめておいた


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:23:10 ID:0+F9qqc+0

変なとこ見られちゃったなあ
ひーちゃんはちょっと気まずかった
二人はようやく完成したレポートをメールで送り、
はーちゃんはここにいる理由がなくなった

はーちゃんは立ち上がった
CDをポリーニに換えて戻ってきた

「まだなんかあった?」とひーちゃんが聞くと、

「さっきの話、全部本当だよね?」とはーちゃんは言った

「ゴキブリってのは嘘だ」とひーちゃんは答えた


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:24:05 ID:slD7UxQr0

期待


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:24:42 ID:HS0SfoKc0

… ( `・ω・)
 _/_ミつ/ ̄ ̄ ̄/
    \/___/ ̄


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:25:17 ID:0+F9qqc+0

「ゴキブリってのは嘘だ。俺、ちょっと頭おかしくてさ。
 一人で寝ようとすると、眠りについた瞬間にふっと目が覚めて、
 全身焼けただれた兄がこっちを見てるっていう幻覚を見るんだ」

「……はあ?」

「マジだよ、はーちゃん。おかしいよな」

ひーちゃんが笑った
ひーちゃんが笑うタイミングが、
なんとなくはーちゃんには分かった気がした


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:25:47 ID:zdM6nkYa0

>>56
助けてほしいのか?


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:26:35 ID:HS0SfoKc0

>>58
うん


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:29:05 ID:0+F9qqc+0

はーちゃんはしばらく黙っていた
音楽のおかげで、沈黙は苦痛ではなかった
窓から差し込む西日が部屋を赤く染めた

はーちゃんはひーちゃんを横からどついた
弱っていたひーちゃんはあっさりソファの上に倒れた

「寝なさい」とはーちゃんは言った

ひーちゃんは頷いて眠った


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:30:39 ID:0+F9qqc+0

ひーちゃんはびっくりするほどよく眠った。


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:34:09 ID:0+F9qqc+0

ひーちゃんが目を覚ました
うつらうつらしているはーちゃんが横にいた

「おはよう」とひーちゃんは言った

「ん? ……ああ、おはよう」

時計を見て、ひーちゃんは驚いた
「七時間、ずっとここにいたんだ?」

「ん、まあ。本もあったし」
はーちゃんは慌てて本を掲げてそれを証明した
本が逆さまであることに関して
ひーちゃんは特に何も言わなかった


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:35:49 ID:+NcOOjojO

重松清系の怖さに近いのかな
このテンポと文体が誰かを思い起こさせるんだけど
わかんね


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:36:57 ID:xzLBUy9f0

こわいおもしろい
こわいおもしろい


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:37:19 ID:0+F9qqc+0

ひーちゃんはお礼を言った
「ありがとう。あと、コーヒーありがとう」

「君、人にちゃんとお礼言えるんだね」
はーちゃんは目を逸らして言った

「言えるよ。君こそ、人に優しくできるんだね」

「別に。あー眠い」

はーちゃんはすぐに眠りだした
ひーちゃんは外に出て、久しぶりに心地よく伸びをした

よく寝たー。


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:39:05 ID:YBeMsDL60

あだ名的にもみーまーっぽい雰囲気


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:40:29 ID:0+F9qqc+0

二時間後、はーちゃんが目を覚ました
ひーちゃんのソファを使っていたことに気づき、
気まずそうな顔で丁寧になおした

「寝ちゃった」とはーちゃんは言った

「おはよう」

「おはよう……帰るね」

「ん、じゃあ」

はーちゃんは目をこすりながら出ていった

ひーちゃんはその光景を一生忘れないと思う
もうすぐ死ぬから当たり前と言えば当たり前か

あんまり死にたくないなあ、とひーちゃんは思った
でもそういうわけにもいかないのだ


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:40:52 ID:SZeQojJEI

舞城王太郎に似たようなのあったような


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:43:23 ID:rczFjYKG0

わふー

ひーちゃん何で死んでしまうん


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:43:31 ID:0+F9qqc+0

以来、はーちゃんはときどき手伝ってくれるようになった

「ひーちゃん、ひーちゃん」

「んー?」

「最近寝てる?」

「寝てない」

「寝る?」

「寝さして」

二人でいるときは、いつもどっちかが寝てるから
あんまり言葉を交わすこともなかったが、
ひーちゃんもはーちゃんもその時間がとっても好きになった


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:47:03 ID:pElToZtEO

はーちゃんいい子
マジいい子


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:47:25 ID:0+F9qqc+0

ちなみにこれを書き込んでいるテキストファイル名がヒーハーであることは言うまでもない。


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:48:30 ID:2K5NI/Z70

何故今言った


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:49:21 ID:0+F9qqc+0

はーちゃんが好きな煙草はキャスターだった

「部屋ん中で煙草吸わないで」

「いいじゃん、どうせもうすぐいなくなるんでしょ、きみ」

「おいしいか、それ?」

「まさか。おいしいわけないじゃん」

「吸うなよ」

「だって私に煙草が似合うんだもん、しょうがないじゃん」

「似合わないよ。あと、髪染めるのも似合わない」

「似合うし」

「化粧濃い」

「うっせー」

はーちゃんの化粧は徐々に薄くなり始めた


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:49:52 ID:zdM6nkYa0

>>72


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:51:23 ID:NT78Ni+u0

はーちゃんは俺の嫁


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:53:09 ID:0+F9qqc+0

大学には保育科のためのピアノ練習室があった
講義の合間に、ひーちゃんが眠くなったとき、
はーちゃんはそこにひーちゃんを連れ込んだ

はーちゃんは定番のゴルドベルク変奏曲を弾いて、
ひーちゃんはピアノカバーにくるまって寝た

音楽室は外の音が全く聞こえなかった
はーちゃんはひーちゃんが起きるのを待つ間、
試験範囲をバカにも分かりやすくまとめることにした
自分がそこまでしてあげる理由が分からなかった


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:54:30 ID:xzLBUy9f0

セツナイ


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:54:32 ID:/z5p2ICY0

>>44
あースプリクトキモいわ
スクリプト必死すぎwwwww
しゃしゃり出てくんな

>>49
なんか怖いわ。大丈夫?


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:56:05 ID:0+F9qqc+0

はーちゃんがいても兄が現れるようになったことは言わないでおこう。


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:57:04 ID:Jzp7dw/Y0

ひーちゃんはどんな容姿で想像すればいい


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:57:50 ID:rczFjYKG0

マジかよ、ひーちゃん終わりじゃねぇか


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:57:51 ID:liuqSFk10

マジキチ


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 20:59:22 ID:0+F9qqc+0

「なんで自殺しようと思ったの?」

その頃にははーちゃんも、ひーちゃんの自殺未遂で
家族が全員死んじゃったってことを知らされていた

「生きてて楽しくなかったんだ。本当に深い理由はない。
 当時の俺は知的生命体じゃなかったんだよ」

「それで死ぬなんて、馬鹿じゃないの?」

「そう、馬鹿だったんだ。けっこう生きるの楽しいのにな」

そう言った後で、ひーちゃんはちょっと嫌な気持ちになった
ひとごろしのひーちゃんは三人も殺したのだ
楽しい楽しい人生を三つも焼却してしまった
殺されても文句は……あるよな、それでも


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:03:22 ID:0+F9qqc+0

「罪ってのは永遠に許されないもんだと思う?」

ある日ひーちゃんは唐突にそう言った

「そうだなあ」とはーちゃんは考えた

どうにもうまい慰めの言葉を思いつけなかった
だって、確かにひーちゃんは悪いやつなのだ

今のひーちゃんは絶対に悪さはしない、
いわゆる「更生した」ひーちゃんだけど、
三人殺してしまったことが許されることはない


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:06:37 ID:0+F9qqc+0

困り果てたあげく、はーちゃんは、
「私は君のこと好きだよ」と言った

「はぐらかさないで」とひーちゃんは言った

「そっちこそはぐらかさないで」とはーちゃんも言った

ひーちゃんは眠気で理解力が落ちていて、
はーちゃんが何を言いたいのか分からなかった


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:11:03 ID:0+F9qqc+0

はーちゃんはひーちゃんはソファに押し倒した

「気にすんなよ。寝なさい」

でもひーちゃんは目を開けたままだった

はーちゃんはソファに座り、ひーちゃんの頭を膝に乗せた
ひーちゃんますます眠れなくなった


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:12:22 ID:rczFjYKG0

大学生の癖に可愛いやつらめ


89: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】   【34.6m】 2012/02/20 21:16:25 ID:7WBdX0xN0

そろそろパンツ脱いだ方がいい?


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:17:26 ID:0+F9qqc+0

はーちゃんはちょっと考えた
これ、二人で住んだ方が効率いいよなあ
そうしたらいちいちお互いの家まで来なくて済むし、
家賃も安くなるし、私ひーちゃん好きだし

ようやく寝息を立て始めたひーちゃんの
頭をそっと撫でながら、はーちゃんは決めた
ひーちゃんが起きたら、一緒に暮らそうって言おう


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:19:47 ID:rczFjYKG0

おい…


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:20:10 ID:cHmwUPiQ0

くっそ灯油切れちまった。全裸じゃ凍死しちまう


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:21:36 ID:0+F9qqc+0

「おはよう」ひーちゃんが起きた

「おはよう。よく寝れた?」

「正直、緊張してあんまり寝れなかった」

「あはは。だっせー」

「嬉しいけど、こういうのは困る」

「そっか。次もやろうっと」

「暗いから気を付けて帰りなよ」

「うん。じゃあね」

はーちゃんは手を振って家を出た
ひーちゃんはドアが閉まってもしばらく手を振っていた


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:22:06 ID:xzLBUy9f0

やめたげて…


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:22:51 ID:0+F9qqc+0

はーちゃんが帰ると、ひーちゃんはもう一度眠った。


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:23:28 ID:5pHrw3Ib0

>>95
エッ


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:23:53 ID:HS0SfoKc0

バン(∩`・ω・)バン
 _/_ミつ/ ̄ ̄ ̄/
    \/___/ ̄


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:24:36 ID:0+F9qqc+0

翌日はーちゃんが部屋を訪れると、
ひーちゃんはもういなかった
鍵は開いていたので、はーちゃんは待つことにした


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:26:24 ID:P45sbi6iO

はよ


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:27:55 ID:0+F9qqc+0

はーちゃんはちょっと寂しかった
十六時間くらいそこで寝たり起きたりした

裸足のまま外に出てみた
虫の声がひりひりきこえた
夏の匂いは濃すぎるくらいだった

「ねえ、映画観に行こうよ。ひーちゃんは寝ててもいいからさ」

はーちゃんはひとりごとを言った

「殺人犯が酷い目にあうやつ。一緒に見に行こうよ」

ひーちゃんがしかめづらをするのを想像して、はーちゃんは笑った

「あと、ついでにさ……こうやって行き来するもの面倒だし、一緒に住みませんか?」

なんで敬語なんだよ、と言われるのを想像して、はーちゃんは笑った

そんで泣いた


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:31:52 ID:2jTIEedh0

なんだろこれ…

泣ける

泣いてる

外なのに…

恥ずかしいわ


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:32:14 ID:0+F9qqc+0

だからそれ以来、はーちゃんはしおらしくなった
煙草をやめて、髪も黒くして、化粧も薄くなった
ひーちゃんが見ても、私だと気づかないだろうな

ひーちゃんの部屋から持ち帰ったCDをかけて、
はーちゃんは自室で今日もうつらうつらする

膝に乗せたひーちゃんの頭の重みを思い出しながら、
手に触れる硬い髪の感触を思い出しながら。


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:33:03 ID:0+F9qqc+0

以上でひーちゃんとはーちゃんの話、お終い。
最後まで読んでくれた人は暇人。ありがとう暇人。
そして久しぶりの宣伝。
http://fafoo.web.fc2.com/other.htm


104: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】   【55.8m】 2012/02/20 21:34:04 ID:7WBdX0xN0

ひーちゃん‥‥


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:34:06 ID:2jTIEedh0

乙乙乙

これ実話?


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:34:34 ID:5rjUBvH90

面白かった


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:35:28 ID:cHmwUPiQ0

>>103


-次回予告-

寝ようとする→ひーちゃんの変死体がこっちを見ている→起きる


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:35:37 ID:lO+xYJ8S0

スレタイからは想像できなかった
切ない乙


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:36:47 ID:p1C6wBl60

面白かった


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:37:08 ID:pElToZtEO

ひーちゃん何処行ってしもたん…?


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:37:11 ID:+zaqEzXb0

死ぬ前に自ら消えるなんて猫みたいだな


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:37:19 ID:rczFjYKG0

やっぱり岩と縄の人か

これで終わりかよ……残念だ


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:37:32 ID:5pHrw3Ib0

乙・・・


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:38:48 ID:0+F9qqc+0

>>105
>>103を見れば大体わかるよ!

>>108
ホラーだと思っただろ! へっへっへ!


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:38:58 ID:NT78Ni+u0

テンポが好きだった
面白かったよ乙


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:40:20 ID:A7gQNSsc0

おもしろかったぜ


117: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】   【58.1m】 2012/02/20 21:40:41 ID:7WBdX0xN0

引き込まれたわ
店舗よくて読みやすい


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:42:35 ID:0+F9qqc+0

>>112
わーい! 覚えてててててくれたんだ


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:46:19 ID:HS0SfoKc0

面白かった!乙乙


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:47:30 ID:5pHrw3Ib0

>>118
「て」多すぎwwww


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:49:37 ID:kdLf6MQ00

非常に読みやすかったな、面白い


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:51:55 ID:slD7UxQr0

すげーよかったよ
なんか切ない感じになった


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:56:29 ID:TmzetGvHO

おもしろかったー!


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 21:57:11 ID:ovK1iATa0

Oh....切ない


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 22:03:45 ID:2K5NI/Z70

乙乙
面白かった


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 22:04:56 ID:Fa1ApWfY0

せつないー


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 22:15:39 ID:xzLBUy9f0

.゜o 。 *. 。 .. ☆  .゜o 。 *. 。 .. ☆  。. o  *
, .。 . ゜。           。 .   +  ゜  。   。゜ .
 ゜ ,   ,  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄フ 。 .      ゜     *  。
。 .  .。    o .   /。 ゜  ゜ , 。. o 。* 。 . 
        。   . /  。  . .゜o 。 *. 。 .. ☆ .゜
 。 .  . .   . /  .  。 ゜             。
゜゜+゜`, o。。.゜* / 。.゜                     
 。, .゜。 +.  /。,゜. o。 +   ─≡ 田-[*´(エ)`]-田   
☆゜ 。 +。 (______ノ                
. .゜o 。 *.         
..* ..゜o ☆  + ゜ 。     これは>>1乙じゃなくてスイングバイ
 .  .。. .゜o 。 *. 。.    による宇宙探査機の軌道変更と
。 *. 。..゜o ☆  。 。.*   加速の軌跡やで~ 
..゜o ☆  。 。.* ..゜o  .         .        _ ,.... -‐‐
 。.* ..゜o ☆                    ,...- ' ゙゙
. .゜o 。 *   .゜o 。 *           , '´ヽ ヽ    _/
☆゜ 。 +。 .゜o 。 *          /   j´  `'ー、_ j
  ..゜o ☆                 /  /`´      !ノ
o 。 * .゜              /  '!.j
                    ,!'   ` '


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 22:17:19 ID:0+F9qqc+0

ああああ

いまさらだが>>87
「はーちゃんはひーちゃんをソファに押し倒した 」だ


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20 22:27:07 ID:Jzp7dw/Y0


面白かった


関連記事
スポンサーサイト
こんな記事もございますよ。
人気記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

ポイントカード
プロフィール

自宅警備員の名無しさん

Author:自宅警備員の名無しさん
ブログを見に来てくれてありがとうございます!

当ブログは主に2ちゃんねるの記事をまとめたブログです。
たまにyoutubeなどのコメントをまとめるときがあります。
感想や批判などがございましたらどんどんコメントしてくださると助かります。

メールアドレス  tomida420@yahoo.co.jp




相互RSSorリンク 募集中ですので見て下さると感激です↓
相互RSS・リンク募集中!

カウンター
逆アクセスランキング
リンクの表示
アマゾン

ふなっしー 添い寝抱き枕(全長:約40cm) (千葉県船橋市 非公認ご当地キャラクター)

アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック 【日本版】

第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 (初回封入特典 スパロボシリーズ第1作目「スーパーロボット大戦」のHDリメイク版をダウンロード出来るプロダクトコード 同梱)

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア 予約特典コード 付

フリーダムウォーズ (初回限定特典 “奪還"追加コンテンツパック 同梱)

マリオパーティ アイランドツアー

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス 特典サントラCD『PERSONAQ SOUND OF THE LABYRINTH』 付

シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール

機動戦士ガンダム サイドストーリーズ (初回封入特典 豪華4大特典コード同梱)

Jスターズ ビクトリーVS アニソンサウンドエディション(予約特典:「Jスターズビクトリーブック」付)

Jスターズ ビクトリーVS アニソンサウンドエディション(予約特典:「Jスターズビクトリーブック」付)

僕と彼女のゲーム戦争 ゲーマーたちの日常 (電撃文庫)

ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵

ジョジョの奇妙な冒険 第8部 モノクロ版 5 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ウォッチドッグス【CEROレーティング「Z」】

メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ 通常版(初回生産限定特典:本篇『MGSV:TPP』で使用可能なマザーベース スタッフDLC同梱&Amazon.co.jp限定特典:本篇『MGSV:TPP』で使用可能な特殊ダンボール箱DLC付き)

戦国無双4 (通常版) (初回特典 真田幸村「戦国無双」衣装 ダウンロードシリアル同梱)予約特典「戦国無双4」オリジナル マイクロファイバータオル付

劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 』主題歌 M@STERPIECE(初回限定盤 CDシングル Blu-ray Audio 2枚組)

マリオカート8

艦隊これくしょん‐艦これ‐コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編 参 (カドカワコミックス・エース)

艦隊これくしょん ―艦これ― 艦これRPG 着任ノ書 (ゲーム関係単行本)

艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します! 2 (ファミ通文庫)

日本海軍「艦これ」公式作戦記録【巨大! 描き下ろしB3リバーシブルポスター付き】 (TJMOOK)

艦これプレイ漫画 艦々日和(1) (ファミ通BOOKS)

艦隊これくしょん ~艦これ~ ねんどろいど 島風 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

艦隊これくしょん -艦これ- いつか静かな海で 1 収納ボックス付き特装版 「ドック開放」セット (MFコミックス アライブシリーズ)

figma 艦隊これくしょん -艦これ- 島風 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

艦隊これくしょん -艦これ- 島風 (1/8スケール PVC塗装済み完成品)

牧場物語 つながる新天地 (予約特典: アンゴラウサギ ふわもこ 特大ストラップ 付)

弁護士のくず(1) 【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

甘い生活 2 【期間限定 無料お試し版】 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

Playstation 4 First Limited Pack (プレイステーション4専用ソフト KNACK ダウンロード用 プロダクトコード 同梱)

龍が如く 維新!予約特典 サウンドラックCD&プロダクトコード付

アイドルマスター シンデレラガールズ 城ヶ崎美嘉 カリスマギャルver. (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

ラブプラス1/8フィギュアシリーズ 姉ヶ崎寧々

逆転裁判123 成歩堂セレクション 限定版 (特典:オリジナル壁紙(PC用/スマートフォン用)とアレンジBGM(PC用)がダウンロードできるシリアルコード 同梱)

DARK SOULSII(通常版) 特典 特製マップ&オリジナルサウンドトラック 付

ゲームセンターCX3丁目の有野 バンダイナムコスペシャル

【Amazon.co.jp限定】最弱無敗の神装機竜《バハムート》3 書き下ろしSS付き (GA文庫)

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! [Blu-ray]

劇場版ペルソナ3 #1 Spring of Birth(完全生産限定版) [Blu-ray]

ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス 特典サントラCD『PERSONAQ SOUND OF THE LABYRINTH』 付

土竜の唄(1) 【期間限定 無料お試し版】 (ヤングサンデーコミックス)

カプセル 新千歳空港限定 北海道フィギュアみやげ 雪ミク単品

すーぱーそに子 そに子ちゃん 生活密着取材スペシャルフィギュア (おふろあがり)

ポケットモンスター X

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
ジタ速アンテナ
ジタ速アンテナへ
ランダム記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
300